交通事故に遭ったら

運悪く、交通事故の被害に遭った時には、落ち込んだり、事態の深刻さを嘆いたり、相手の非を責めたりしているだけでは、問題の解決には繋がりません。
そればかりか、そんなことをしていると、事故の被害が拡大したり、新たな問題が発生したりするリスクが出てきます。
そうした失敗をしないために、事故の後は気持ちを落ち着けて、スピーディーで適切な対応をするよう、注意する必要があります。


まず、事故でけがをした人がいるかどうかを確認し、負傷者が存在する時には、速やかに応急処置、119番通報を行ないましょう。
また、2次災害の発生を防ぐために、事故車両を安全な場所へ移したり、ハザードを点けたり、停止表示機材を置いたりすることも大切です。


そして、事故のあったことは、警察にも知らせておきましょう。
加害者から示談を持ちかけられたとき、不用意に応じると、跡から思わぬ不利益を被ったり、トラブルが起こったりすることもあり得ますので、気をつけて下さい。
例えば、跡から見つかった後遺症や車両の損傷について、賠償請求をすることができなくなったり、警察への届け出が無いために、保険金が下りなかったりするというリスクがあります。
そして、警察が事故現場に到着した後でも、任せっきりにせず、メモを取ったり、写真や動画を撮ったりして、情報を記録しておきましょう。


当サイトでは、交通事故の被害者となった時に、どのような対応をするべきかという疑問にお答えします。


[管理人特選サイト]
交通事故の被害者となった時に、専門家に無料相談出来るサイトです >>> 交通事故被害

Copyright © 2014 交通事故に遭ってしまったら… All Rights Reserved.